R1200GSアドベンチャー情報ナビ@R1200GSアドベンチャーどっとコム!
R1200GSアドベンチャー情報ナビ@R1200GSアドベンチャーどっとコム!






トップページR1200GS@バイク試乗新型R1200RT試乗!【DOHC新型R1200RT@評価】

R1200GS@バイク試乗


ある意味、衝撃を受けた新型DOHCフラットツインを搭載した新型R1200GSの試乗に続いて、同じくDOHCフラットツインを搭載した新型R1200RTにも試乗しました(・◇・)ゞ

IMGP3340見た目の変化がほとんどなかったDOHCフラットツインを搭載したR1200GSとは異なり、新型R1200RTはボディ各部のデザインも新しくなっていますね。
R1200GSの試乗で感じたDOHCフラットツインの印象が新型R1200RTではどのように感じるか興味津々です!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

エンジンスタートでまず新型R1200GSと違いを感じたのは排気音の静かさ。。。
新型R1200GSでは良くも悪くも活発な排気音が印象的でしたが、RTではサイレンサーの構造の違いか、ダウンマフラーやパニア装着の為なのか、乗車時でも明かに排気音が小さく感じました。
走り始めての印象も新型R1200GSと比べると、とてもマイルドな好印象なフィーリングです。

エンジンのスペックは同じようですから、このフィーリングの違いは車重に関係してるのかな?
新型R1200RTの車両重量は259・・・新型R1200GSアドベンチャーもほぼ同じ車両重量のようです。
ってことは、新型R1200GS-ADVもこんな感じなんでしょうか???気になります!

IMGP3342新型R1200RTでエンジンの次に興味深かったのは、ハンドル周りのスイッチ類です。
見てください!このスイッチの多さ・・・押し間違えそうです(^^;
特に注目なのは、グリップ付け根に設けられたオーディオの回転式コントローラー。
クルクル回すとボリューム調整が行え、左右に倒す?とバンド選局などが行えます。
実際に操作してみましたが、使いやすく画期的なアイデアだと思いました!

ウインカースイッチも左右独立タイプから、一般的なタイプに変更されていますね。
そのため試乗中の右折時に、何度かあるはずの無い右ウインカースイッチを押そうと右親指を空振りさせてしまったのは内緒の話です。。。(^^;

R1200GSとおなじDOHCフラットツインエンジンを搭載しているにもかかわらず、対照的なフィーリングだったのがとても印象的な新型R1200RTの試乗でした♪

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
nen-nen.jpg


名 前:ねんねん
年 齢:30歳中盤で~す♪
性 別:♂
職 業:平凡サラリーマン(^^;;

◎ごあいさつ◎
はじめまして!
クルマ&バイクが大好きな管理人です。R1200GSアドベンチャーを清水ジャンプで手に入れ、色々な意味でアドベンチャーなバイクライフを楽しむ貧ーマー(beemer)です(^^;
R1200GSアドベンチャー以外にも、バイクについて幅広く情報を集めていきたいと思います。皆さんからの情報もお待ちしていますので、気楽に遊びに来てくださいm(_ _)m

お問合せはこちらから♪
ブログランキング
●応援よろしくです●
バイク大好きみんなのチカラで人気ブログにしてみませんか?
1日1回の応援でこのブログがどんどん成長していきますよー!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログへ
人気ブログランキングへ
コメントありがとう!
アクセスカウンター
  • 累計:

チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site